2010年05月18日

正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)

 滋賀県信楽町(現・甲賀市)で平成3年、第三セクターの信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車が正面衝突し、42人が死亡、600人以上が負傷した事故は14日、発生から丸19年を迎えた。事故現場近くの慰霊碑前では同日午前、追悼法要が営まれた。

[フォト]「がれきの下の医療」救命医しのび追悼集会 脱線事故の30人

 法要には、遺族のほか、SKRの今井恵之助社長やJR西の佐々木隆之社長らが参列。参列者全員で黙祷(もくとう)をささげた後、慰霊碑に献花や焼香をするなどして、犠牲者の冥福(めいふく)を祈った。

 遺族を代表し、事故で妻=当時(53)=を亡くした吉崎俊三さん(76)が「遺族にとってあの悲惨な事故は何年たっても脳裏から離れない。犠牲者の方はどうか安らかにお眠りください」と述べた。

【関連記事】
三菱自、パロマ… 増える企業トップの刑事訴追 JR西強制起訴
華やかサンタ列車 信楽高原鉄道24日まで運行
JR西日本 犠牲者踏みにじる事故調への介入
JR西漏洩 調査と捜査、信頼の根底揺るがす
墜ちたJR西、被害者対応を最優先できるのか
少子化を止めろ!

隣が鬼太郎、こちらは神様!?…出雲空港が愛称公募(産経新聞)
徳之島、滑走路にも難点…幅不足を米指摘(読売新聞)
首相動静(5月13日)(時事通信)
民法規定を認識せず受理=元妻の娘との婚姻届―兵庫・明石市(時事通信)
県民性、宮城は球団LOVE 広島は人情、福岡と大阪は方言(産経新聞)
posted by スヤマ マノリ at 17:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。